カテゴリ:for Phew's BeReKeT ( 4 )

for Phew's BeReKeT その3

b0086190_118587.jpg

Phew's BeReKeTのために編んだ、
シルク系の巻きもの、その3です。
こちらはシルクと竹の繊維の混紡。
ひやっとする冷感を備えているという意味では
ラミー麻とブレンドした、その2と似ていますわね。
b0086190_1191468.jpg
b0086190_1192962.jpg

ラミー混に比べると、バンブー混の方が
シルキーな光沢があり、手触りもさらっとドライです。
色は着回しの利くライトブラウン(ベージュ)。

Phewさんは
「さりげなくゴージャス、アクセサリーとしていかがでしょう。
 軽いので肩にやさしいですよ」
と、かしっと特徴を掴んでらっしゃいましたわ〜。
確かになにげにゴージャスです。

ただし、文句あっか、というような押しの強さはありませぬ(笑)。
Tシャツといっしょにさりげなーく身につけたりすると
良いのではないかと思います。
襟元は体温調節のキモな部位なので、
梅雨寒の日や冷房のきつい場所(エコじゃないのに、なんで強くするかなぁ)
などでお役立てください〜。
b0086190_1194385.jpg

品名:手編みレースのマフラー/シルクバンブー
サイズ:18×170cm
組成 :シルク32%竹繊維68%

[PR]
by dharmaknit | 2009-05-26 01:31 | for Phew's BeReKeT 

for Phew's BeReKeT その2

b0086190_0382184.jpg

Phew's BeReKeTのために編んだ、
シルク系の巻きものを続けます。
こちらはシルクとラミー麻の混紡糸を使用。
ふわっと肌になじむシルクとクールな麻のブレンドは
暖かすぎず寒すぎずといったらいいですかね、
季節の狭間に身につける間着(あいぎ)のような万能感(?)があるですね〜。
意外と重宝する品になったのではないかと思います。
b0086190_050418.jpg
b0086190_0505840.jpg

編み地のアップはこんな感じ。
6角形の繊細なモチーフをつないでいます。
色は目に穏やかなオフホワイトです。
b0086190_051431.jpg

品名:手編みレースのマフラー/シルクラミー
サイズ:18×170cm
組成 :シルク30%ラミー麻70%

[PR]
by dharmaknit | 2009-05-25 00:54 | for Phew's BeReKeT 

for Phew's BeReKeT その1

Phewさんの審美眼がきらん、ぎらんと光る
ショップPhew's BeReKeTのために、
巻きものを3点ほど編みました。
今回はシルク系の素材を使って、
長く使っていただけそうなリッチな感じのものを。
b0086190_23472683.jpg

1点目は棒針編みの透かし模様。
糸は素材まんまの色(生成り)のシルクです。

真綿のように滑らかで柔らかく、
触った瞬間は少しだけひやっとします。
少し太めの糸なので、贅沢な素材ですが
気軽に普段使いできるムードもあるのではないかな〜。
b0086190_093569.jpg

b0086190_095337.jpg

編み地のアップはこんな感じ。
シルクは手が荒れていると繊維が引っかかって
仕上がりがまずくなるので、編んでいる最中は
手と爪のコンディション(特に爪の脇)に気を使います〜。
今回はなんとかダイジョウーブでした(笑)。
b0086190_010977.jpg

品名:手編みレースのマフラー/シルク
サイズ:16×176cm
組成 :シルク100%

[PR]
by dharmaknit | 2009-05-24 23:31 | for Phew's BeReKeT 

Phew's BeReKeT

b0086190_17485061.jpg

2003年のオープン以来、
美しく古びたオールドキリムのほか、北欧の染織品、雑貨など、
世界から手工芸品をセレクトしてきたショップPhew's BeReKeT

山ほど原稿(納品仕事)を書いた後など、
ちらつく目をしばたき、凝りに凝った肩をじたばた動かしながら
お店を回遊しては、
ジブンへのご褒美という名のお買い物を楽しんでおりました。

店長のPhewさんは、長年歌手として活動されており、
字を見ただけで「え、ええ、あのフュー」と動揺する方も多いのでは。
歴史的傑作と評される<PHEW>(1981年)のM1を聴いて、
「なんてこった」と本当にたまげたのは若かったワタシです。

ジンセーっていうのは妙なもので、
ずっと憧れていたPhewさんとご近所付き合いをするようになり
すんごくんまい、だし醤油やそうめん、紅茶のほか、
お料理の作り方などなども
山ほど教えていただきましたです。

さらにひょんなことは続くもので
ここ数年、もくもくと編んでいたレースやニットを
お店に置いていただくことに。
これを人生の機微といわずして、なにをかいおう、って感じです。

実用性を備えた美しいハンドメイド品がお好きな方に、
Phew's BeReKeT(フューズ・ベレケット)はおすすめでございます。
ワタシも精進せねばね〜(笑)。
b0086190_18515670.jpg

[PR]
by dharmaknit | 2009-04-20 18:27 | for Phew's BeReKeT