ロービングタイプの毛糸

b0086190_3114553.jpg

モデル名:上質ウールの透かし模様ベレー*チャコール系
サイズ:頭周り約48、深さ約22センチ、3番めの画像の状態でトップの直径約28センチ
組成:毛60・ナイロン40%


ロービングヤーンという毛糸がありまして、
みなさんご存知でしょうか〜。
ふっくらとした素材感がダイレクトに感じられる糸といったらいいかな。
手紡ぎをされる方はお詳しいと思うんですが、
原毛を糸に仕上げる行程をひとつ省く、
みたいな作り方だったような。

カウチンセーターに使う糸、といったら分かりやすいかもしれませんね〜。
なにぶん繊維がほとんど撚られていないので、
引っ張ると切れそうになるやや厄介な奴です。
しかし、どうしたことか編んでしまうと編み地は丈夫に。
不思議だ〜。

このベレーに使った糸はロービングタイプの糸。
ナイロンがブレンドされているので引っぱり強度は十分で、
とても編みやすかったです。
おまけに1玉400円弱とこなれたお値段だったので、
「おおお」と喜んだのもつかの間、しかっと落とし穴が。

ラベルをよく見ると1玉は25グラム巻きで、
ベレーを作るには3個必要だったんですわ。
オークションのスタート価格は材料費なり。あわわわ。
b0086190_10541354.jpg
b0086190_10542846.jpg

b0086190_10534691.jpg

[PR]
by dharmaknit | 2009-02-09 10:50 | 帽子


<< グレージュよりのライトブラウン きらきらはどこへいった〜 >>